食育研究所┃資格取得で仕事でも活用できるレベルの知識を養う

勉強

大切なことは目的

勉強

専門学校で料理を学ぶことの最大のメリットは、「同じ道を志す同志に出会うことができること」です。即戦力になる力をつけることは正直難しい目標と言えるため、それだけではなく一生付き合える人脈を形成することにも力を入れるといいです。

食生活のための知識

ケーキ作りを仕事にしたいならパティシエの専門学校に通いませんか?しっかりとしたカリキュラムなので、将来の夢も拓けてきますよ。

いろいろな食生活

調理

子供の食育の為や、高齢化にともなう生活に役立つ食事の資格はいろいろあります。できあいの食事やファーストフードの増加、インスタントなどさまざまな食品があり、今まで家庭で伝わっていた食事との関係性が変わってきました。今後もいろいろな食品が増えてくると考えられますが、食事の基礎といってよい食育の資格が注目されています。市町村などでも、食育に力を入れていろいろなイベントなども開催され、今後も重視される内容になっています。食育の資格は初心者から学べるものや、比較的食事の知識がある人が受ける資格などさまざまあります。どれも基本的な考えは同じなので、学ぶ自分のレベルにあった資格から挑戦してみるのもお勧めです。

毎日役立つ知識

食育試験は他の試験と違い、毎日摂取する食事のことなので知識を増やせば、買い物などにも役に立ち、家族の健康にもつながるので生かすことができます。食を扱う仕事をしている人のスキルアップはもちろんのこと、通信講座などでは、主婦の人も気軽に始めることができるので調べることがお勧めです。知識も日本の食事のことから衛生管理のことまで、旬の食べ物や組み合わせレシピなども学ぶことができるのでいろいろ活用できるところが魅力的な資格になっています。食品の見分け方や、おいしく食べる方法などもあるので楽しく学ぶことができます。上級者の資格としては、上級食育指導士などの資格などもあり、仕事でも活用できるレベルの知識を得ることができてよいです。

菓子のプロフェッショナル

女性

洋菓子を作るイメージが強いパティシエの職に就くためには、製菓専門学校を卒業するのが近道となります。また、食事とともに楽しむ菓子を提供するには食材の調理の知識も必要となるため、製菓専門だけではない学校での学びも必要です。

学校でお菓子作りを学ぶ

勉強

ケーキなどのお菓子作りをしようとした場合は、製菓の専門学校に通う事が大切で、独学では学べない色々な経験をする事が可能です。就職してからも同じ専門学校で学んだ人に出会う事も多く、メリットが大きいです。